「あれ、なんだっけ」

一介の人の妄言と出来事

カウンセラーなど当てにならない件

 これは、高大とカウンセリングにお世話になった自分のあくまで個人的見解だ。 

 中学校はまだましだったかもしれない。ステップスクール(のような名前)という制度が存在していて、俗に言う「保健室登校」というものが許されていた。一番仲がいい先輩もそこに通っていて、しばしばそこに赴き、先輩をと話すために探していたものだ。居場所がなく、修学旅行中に自傷行為未遂に走り、過呼吸に陥り、目撃した友人を不登校にさせたという件で担任と話した時、どういう気持ちかだなんて守秘義務というものは全くなかった。話したことは全て向こうの親にばらされたらしい。

 高校では、仲が良かったと思っていた友人が自分のせいで不登校になったということで、担任にどういう意図で話したかきちんと説明した。自分が褒めて言ったつもりの言葉で不登校にさせてしまった、これは今でもトラウマである。しばらく経って登校をまたはじめてくれ、今度はそういった誤解を招くことは何も言いまいと思った矢先、再び不登校。しばらく経って「転校した」と担任に告げられた。誕生日だった。そこでも泣いたけど、家で声が枯れて、頭痛を起こし、目が開かなくなるまで泣き続けた。翌日は熱を出して学校に行けなかった。腫れが引き、学校に行ったらカウンセリングを受けなさいと授業中にカウンセラーに行った。そこで話したことは全て担任に知られていた。「秘密にするから」と言われていたのに。

 大学では、学生相談室なるものが存在し、母に叩かれ、泣き叫ぶ自分自身の泣き声を思い出してフラッシュバックをニュースや周りの状況に過敏に反応し頻繁に起こしていたため1年の時に相談をした。結論から言うと、「あなたは学校に来れているから大丈夫。学校に来れないほどひどい人はいるのよ。」と言われたとき、もうここで二度と相談するものかと固く誓った。

 そんな自分が何に救われてきたか?友人である。

 友人は自分のバックグランドを明確に知っている上に、その状態に晒されている時を目にしている。そういった人たちの言葉や聞く姿勢というものはカウンセラーを頼らずともカウンセリングになっているのだ。

 もし、友人以外の他人に悩みを打ち明けるなら診断書を書いてくれる精神科医か、その状態を抜け出すための術を知っている有識者に相談するのが一番だと思う。カウンセラーは二度と信用するものか。守秘義務はないし、形骸化された寄り添いだけがそこにはあるのだから。

苦しい

 この家のことは、大好きだ。だけどもう、ここにいたくない。同居人は自分を貶す、周りはうるさい。ここに居続けたら気が狂って何をするか分からない。貶され、自分を守るために言われた言葉をそのまま使い、同じように戦う。すると、「下に回ればつけあがりやがって」と言われる。何を言っているのだろう。

 今の心は限界なので、家出の方法や、恋人宅に居候する計画などを立てている。まず年を越したあたりから、すぐに引っ越しできるように本棚を無くしてボックスに入れて保管したり、服を減らしてみた。

 居候の話を打ち明けたら、いいよ、学生のうちまでだよ「家出」って。逃げていいんだよ、と2つ返事で承諾してくれた。ありがとう恋人。本当は夜逃げをしたいよ。起きたとき子供のものが何もかもなくなっていたら、自分が悪いこと言った、そういった態度を取ったって気づくのだろうか。いや、「どうせ帰ってくる」と思われているだけか。

 

 土曜日、久しぶりに人に会う。大人に。この旨を伝える。少しは何かが変わるかもしれない。逃げ道がまた一つ生まれるかも。

就活街道から外れたい

 就職活動が辛い。その一言に尽きる。ESはまだ一度も通ってない。とてもじゃないけど元気は出ません。

 自分は、学業だけは一生懸命やってきたつもりだ。大学に入ったのは初任給を上げたいからじゃない。学びたいからだ。本当は大学院に進学して学び続ける方が性に合っている気がする。レポートに追われているときはもちろん苦しいのだが、少しは楽しくもある。就活はもっと苦しい。なぜなら、人格否定を受けている気持ちになるからだ。

 30社受けるのが普通ってどういうことなんですか、大学を5校受けろと言われた時も驚いていたけど、30社って6倍じゃないですか。幸運なことに高校受験では滑り止め1校、大学に至っては滑り止め無しで合格を手にしているので、正直に言うと落ちることにあまり耐性がない。落ちたことがあるのは、英語技能検定2級の筆記試験と漢字検定3級を2回落ちたぐらいだから。

 仲間がいるのにいないように感じることも大きな要因だと思う。大学受験では、みんながみんな持っている知識を教え、受かってやろうという環境だった。話すことでモチベーションや知識を保っている手法を取っていた自分は、コロナになってしまったことで大打撃を食らっている。LINEがあるからいいじゃないかって?もとからLINEはあまり使わないでいたので、そのためだけに話しかけるのは憚れるのだ。

 現に自分の周りでは「就活」は忌避すべき話題となっている。友人に話せば苦い顔で話題転換、相談室は一瞬で満室、親は相談するとぶち切れる。

 Twitterを見ても春休みだってこともありTLは停滞、就活の悩み、状況を話せばぽつんと浮いている。現に置かれている状況をなぜ話さないのだろう、と疑問に思っている。話せばウッとなるのもまた事実である。けどそれが現実だ、目を背けてはならないのだ。ここまでくると、自分も発言するのをやめる。発言したことで、上辺だけの関係の人々にその情報を黙って汲み取られている感覚に陥り「漁夫の利」の状況を自分で生み出してしまっているような気がする。おそらく、他の人々も自分の情報を漏らすことで知識を取られると思っているのだろう。結局のところみんながライバルで、蹴落としたいんだなと悲しくなった。

 

 パートでは月収30万にはならないだろう、30万以上欲しい。借金の返済、一人暮らし、親の支えをする、という3拍子を叶えるためにも会社員にならなければと強く思うのだ。ああ、どうなるのだろう。

ピルを服用し始めたことについて

 LEP(Low does Estrogen Progestin)、俗に言うピルを飲み始めた。

 

 きっかけは

 現在、様々な女性のYouTuberがピルの話についてやナプキンの話について発信をしていることによって、一度診てもらって薬を処方してもらいたいと思った。

 昔であれば、若いうちから子供を身ごもり、何度もお産を体験したので、今よりも月経の回数は少なかったようだ。前世代と比べてますますみんな出血大サービスってわけですね。 

 

 自分の身体について

 精神的にも来るものがある。大体2週間前ぐらいから、心のバリア機能が低下し、ちょっとしたことで辛くなって泣いてしまう。フラッシュバックもこの辺が特に多い。これに気づいたのは、友人に「辛い」と言っていた日を後から見返すことだった。もしかして、PMS(生理前症候群)と呼ばれるものに、該当しているかもと思ったのはそこがはじまりだった。

 だけども、こんな精神的なもの女性ホルモンの薬で何とかなるもんでもないだろ…と思い、私はこの時点では行きたいけど、まだ行かない、という風に渋っていた。

 

 自分は元々通常と呼ばれる周期の中でも遅い方であり、たまに生理不順を起こすような感じだった。平均は25~38日なのだが、私の場合平均は37日、しかし、40日を過ぎるケースや、60日(1か月来ないこと)もしばしば。生活リズムを整えてもこれだった。ちなみに最大は、3か月来なかった時です。

 ここになって、年齢的にそろそろ周期が整わないのは少し変だよね?と思い、婦人科に行く決心をした。

 

 どうやって薬を貰うのか

 何かしらの検査で数値を出さないと思っていたが、実はそうではなく、「ピルが欲しい」といえばピルは貰えるということを知った。

f:id:du-chuimunie:20210316164757j:plain


 これは初診の時に書くカルテで、裏面には自分や家族の病歴を書いたりする。そのあと、生理前後の2週間、計4週間でどのぐらいの症状がどの程度現れるか、◎○△の3段階で書き記す。全て書き終わった後に体重・血圧測定をし、医師の問診を受ける形になる。医師からは「基礎体温は書いてない…ですかね?」と言われたので、生理日だけではなく基礎体温も日頃付けていた方がなおよろしい(私はしていない)。

 なおピルを飲んでいても市販薬の服用も可能なので、痛くなったら我慢せず飲んでいいとのこと。


 服用して変化は

 まだ1ヶ月しかたっていないが服薬を続けて最初の月経が10日ほど続いたのには驚いた。長すぎやしませんか?けど、初日はのたうち回るほどの腹痛、場合によっては頭痛もあったので、それがなくなったのはものすごい楽である。それに付随して、心のバリア機能が低下していなかったのでいつ来るのか分からなかった。(偽薬に切り替わって3日目で来たので、偽薬になってからだとは何となく予想していたから安心)

 副作用も出なかったためとりあえず半年続けてみようと思う。ちなみに3か月分で6650円なので、1か月換算すると2218円。ちと高いが、周期を整えられるので私はいいものだと思う。

 

同居人と自分

 同居人と書き表しているが、父である。離婚するまでは「機能不全家族」と呼ばれるほど家庭崩壊していた我が家は、随分前から実質父子家庭という環境であった。ここではどんな状態だったかはいずれ別の記事にしてまとめたいと考えているので控える。

 自分も父も「どうしてそんなに仲がいいんですか?」と様々な人に言われる。

 2人しかいないから

と、父は決まってこの言葉を口にしている。 最近その台詞を使わせてもらっている。

「2人しかいないから。帰ってくるところは一緒で、こんな(ふすまで仕切られた)部屋だから、どうしたって顔を突き合わせることになる。だからうまくやっていくしかない。」

 父は幼い頃に母を亡くしている。だから2人揃って母の愛をあまり受けずに育ってきた。それでいるから、2人ぼっちというような感覚が父にもあるのだろうと推測している。あとは一人娘だから大切に思っているのだろう。

 久しぶりに友人と再会し、今後の展望について話していたときに友人は一人立ちのことをこう言った。

「家族のことは嫌いじゃないしむしろ好きなんだけれども、離れなくちゃいけないと思う。一緒にいれば支えてくれるのは心強いんだけど、甘えてしまうから、自立した人間になるには距離を置かなくちゃって思うの。」

自分もまさしくそう思っていて、こんな風に綺麗に言葉に表せられなかったから、これを聞いて共感を通り越して感動した。

 

***

 

 同居人もそこそこ高齢である。最近自分が授業の影響なのか死について考えこむことが多くなってしまい、自らの死をどう思っているか尋ねたらこんな答えが返ってきた。

「おかぁの歳を俺は越したし、自分の時代のおじぃおばぁも今みたいに長生きじゃなかったし、むしろ、医療が発達して生きる時間が長くなったから、余計に苦しむようになったんじゃないかなって思う。死について考えてしまうのは若いからだよ。若いときは感受性が一段とあるから。ともかく俺はおかぁよりも長く生きることができているし、十分長生きしたから、死はそんなに怖くないよ。60過ぎてこんなに元気でいれるのは驚きだよ。」

 

 この言葉たちを受け止めつつ、卒業したら父と同居し続けるのか、一人暮らしをするのか、何が最善なのか、その答えは見つけ出せていない。

質問コーナーってやってみたくなる時ありません?

 というわけで、パーッと探して見つけたものでやってみてしまう


1. 年齢:成人越え
2. 血液型:A
3. 出身地:埼玉
4. 今住んでるところ:同上
5. バイト:テーマパーク系
6. 趣味:料理、読書、製本
7. 特技:卓球
8. 好きな服装:シャツにジーパン
9. 好きなブランド:特になし
10. 好きなカバンのたいぷ:トートバッグ
11. パソコン:HP Envy x360 13 wood edition
12. 携帯電話:Xperia
13. 使ってるベースメイク:今はただの日焼け止め
14. 使ってるチーク:セザンヌナチュラルチークN ウォームブラウン
15. 使ってる財布:Vivienne Westwood Anglomania
16. 使ってるパスケース:貰い物、木と革の素材
17. 今欲しいアイテム:現金じゃダメですか?
18. 今興味があること:周りの就活に対しての動き
19. 好きな化粧品ブランド:セザンヌ使いがち
20. 使ってるハンドクリーム:ロクシタン、貰い物
21. 読んでる雑誌:意欲的に買ったことあるのはオズマガジンのみ
22. 好きな漫画:甘々と稲妻絶対可憐チルドレン桜蘭高校ホスト部
23. 好きなディズニー映画:ティモシーの小さな奇跡
24. 好きなディズニーキャラクター:ティンカーベル、ルー、イーヨー
25. ランド派?シー派?:どっちも捨てがたい…
26. 好きなスポーツ:卓球、インラインスケート
27. 苦手なスポーツ:チームプレーが必要なもの、器械運動全般
28. 部屋着:寝巻、または外着
29. 行ってよかった旅行先:北海道
30. 行って見たい旅行先:ドイツ、スウェーデン、カナダ
31. 好きなテレビ番組:料理系全般
32. 好きな男性芸能人:鈴木亮平
33. 好きな女性芸能人:LiLiCo
34. 好きなモデル:疎いのでよく分からない
35. 好きなアーティスト:星野源
36. 今はまってる曲:Thurston Harris "Litte Bitty Pretty One"

www.youtube.com


37. 今の髪型:ロングボブ
38. やってみたい髪型:シャボン玉みたいな髪色でパーマを強く当てたロングヘア―
39. やってみたいバイト:文字打ってお金貰えるようなやつ
40. カバンに絶対入ってるもの:ポーチ
41. お気に入りのピアス:ないんです
42. お気に入りのネックレス:スワロフスキー
43. お気に入りのくつ:アディダスのランニングシューズ
44. 今使ってるリップ:ケイトのCCリップクリームレッド系
45. 好きなアイドル:いません
46. 将来なりたいもの:自分の死を受け入れられて、周りに尊敬される教え上手な人になること
47. 幼い頃の自分:かわいさの塊
48. 小学生のころの自分:ひたすら死にたがっていた、本の虫
49. 中学生のころの自分:〃
50. 高校生のころの自分:人を信じてもいいって思えるようになった
51. 今の自分:お金のこととか、将来のこととかどうやって見ていくのか少しわかるようになってきた
52. 男になったら?:年中スーツで過ごしたい
53. 好きな芸人さん:ティモンディ、阿佐ヶ谷姉妹
54. お部屋はどんなかんじ:The昭和
55. A型に抱くイメージ:仲間
56. B型に抱くイメージ:マイペース
57. O型に抱くイメージ:Aと似てるけどなんか違う
58. AB型に抱くイメージ:個性的な人が多い
59. 理想の男性のタイプ:津田健次郎西島秀俊吉岡秀隆
60. 好きになる男性のタイプ:アニメが好き
61. 付き合いたい男性のタイプ:中身を好きと思ってくれる人、話のキャッチボールができる人
62. 結婚したい男性のタイプ:付き合うと結婚は延長線上にあると思うけど、現実から逃げず話し合える人
63. 好きな顔のタイプ:大人。これに尽きます。
64. 理想のプロポーズ:サプライズ大好きなので、バーンとやってくれてもいい
65. 付き合う上で重要視するもの:一緒にいたいと思えるか
66. 好きな人には奥手?積極的?:積極的なんじゃないかな
67. 初恋は?:中2
68. 過去の大恋愛:そこまでに至ってない気がする
69. 年下同い年年上だと?:年上
70. 甘えるタイプ?:はい
71. 好きな色:紫、オレンジ、黄緑
72. よく行くお店:文房具売っているところ
73. よく買うお菓子:BIGカツ(駄菓子)、ピノ
74. よく買う飲み物:ジャスミン
75. これじゃなきゃだめってもの:イヤホン、JVCの重低音強化
76. 整形するなら?:口角を上げる何か、太ももの脂肪吸引、横顔綺麗にする何か
77. 好きな四季:秋、冬
78. 夏にやりたいこと:水鉄砲、夜にはしゃぐ
79. 冬にやりたいこと:あったかいものを寒いところで食べる
80. 悩み:就職活動、死が脳裏に焼き付いて怖いこと
81. 好きな友達のタイプ:語れる人
82. 好きな飲食店:おぼんdeごはん、ふらんす亭
83. これには敏感!というもの:食品ロス
84. 住みたい場所:蔵前、江古田
85. 好きなご当地のお土産:くんぺん(沖縄)
86. おすすめのお菓子:バッカス
87. iPhoneスマホケース:手帳型のもの、そしてandroid
88. 使ってる手鏡:手鏡はほぼ使わないけど机におけるやつ
89. 今の目標:就活頑張る
90. 尊敬してる有名人:LiLiCo, Oprah Winfrey
91. 尊敬してる行動:好きなものを好きということ、苦しむ人に手を差し伸べること
92. 兄弟について:姉が一人
93. 母親について:ダメ
94. 父親について:分かり合えないことばかりだけど、頑張ってくれているのは分かる
95. 世間について:腐敗しているけど、そこに流されていきたくない
96. 勇気をもらったもの:言葉
97. 一番の思い出:何をもって一番といえばいいのか分からないからパスで…!
98. 5年後の自分へ:借金返済早く終われますように
99. 老後の自分へ:ちゃんと動けますか、目は見えていますか、死はやっぱり怖いですか
100. ご自由に一言!:やってみたかったからやれてよかった

 

女子大生の人に100の質問 - 100の質問ひろば (100mon.jp)

デート日記 おうち編

  2020年12月3日㈭ 卒業論文執筆のための文献調達に図書館に行ったのちに誕生日プレゼントを渡す。全く同じものを所有するということをずっと前からしてみたかったのと、香水を新調したかったのもあって流行りのお店の一番人気のものをあげた。

 天邪鬼なのにもかかわらず王道を選んだ一番の理由は、恋人は香水を持つのが初めてだったからだ。視覚ではわからないおそろいというのがオシャレでしょう。たくさんイチャイチャしてやりました。

 

 12月24日㈭ クリスマスイブに会うことになりました。何が食べたいと聞いたらしばらく2人で考えた後に「ハンバーグかなあ」と言われたので煮込みハンバーグを作った。一緒に買い出しに行くのは楽しい。トマトに苦手意識があるのと、前回作った料理がトマト煮だったのもあって生クリームとチーズを使ったソースにした。

「うわぁすごい!」「美味しい~っ」

と幸せそうに食べている姿を見ることができるのがやはり料理の中で一番好きといっても過言ではない。

 クリスマスプレゼントはガリレオ温度計を戴いた。木製の枠で囲まれているところが特に感性に合っている。よいお年を。